CAD/デジタルカッターTECHNOLOGY

包装資材に求められる要素はお客様ごとに異なります。
お客様に合わせての柔軟な設計、製作が必要不可欠です。

三星では設計に3D CADを使用します。
立体でのシミュレーションを行うことで
正確に完成形をイメージし、ご納得頂ける図面
を作成します。

また、作成したDXFデータをデジタルカッターに送信し、
その場で試作品を作成します。
これにより、新商品開発段階で試行錯誤することができ、
正確で質の高いケース・緩衝材をスピーディーに開発
することが可能です。

デジタルカッターを用いての試作作成なので、
試作対応に必要な型代はかからないので、
お客様には大きなコストメリットがあります。

デジタルカッター イメージ

お客様を十分に満足させることの出来る仕組み、それを可能とするような
設計・試作製作の基盤が三星にはあります。